第二新卒

第二新卒はいつまでも使えない!厳しい就活を乗り越えるための面接対策などを紹介!

投稿日:

第二新卒枠で転職をする人は多いですが、満足のいく転職ができる人はそれほど多くありません。

そこで第二新卒が転職をする場合、しっかりと下準備をしたうえで転職活動に臨むべきです。

この記事では第二新卒が転職するにあたってどんな面接対策をすれば良いのか、また、どんな仕事を選べば良いのかなどについて解説します。

 

そもそも第二新卒の定義とは

そもそも第二新卒の定義とは

第二新卒とは新卒で就職をしてから3年以内に転職を希望する人のことを指します。

明確な第二新卒の定義は存在しませんが、どの企業も第二新卒は初めて就職をしてから3年以内と決めていることが多く、基本的に第二新卒は就職して3年までと考えて良いでしょう。

就活の際に第一志望の企業に就職できなかったり、実際に入社して働いてみると、仕事内容が想像していたものと違っていたりすることもあるでしょう。

そんな人が社会人のスタートをやり直すために第二新卒枠が存在します。

基本的にどの企業も第二新卒に対して即戦力となることは期待していません。

第二新卒を採用している企業は、新卒ではないものの若くてこれからじっくり時間をかけて育て、企業に貢献することができる人材に成長することを期待して第二新卒採用を行っています。

 

未経験には厳しい就活…第二新卒はどんな仕事に応募するのが良い?

未経験には厳しい第二新卒の就活

第二新卒は大学を卒業して3年以内の人のことを指しますが、一般的な中途採用の求人は実務経験を3年以上積んでいることが前提となっており、第二新卒は応募できないことが多いです。

そこで第二新卒が転職する場合は第二新卒も応募対象となっている「未経験OK」の求人に積極的に応募すると良いでしょう。

未経験OKの求人は仕事に関する知識が一切ないことを前提として募集しているので、未経験でも研修中に仕事に必要な知識を身に着けることができます。

そのため、まだ社会人として働くうえで必要な実務の経験が身に着いていない第二新卒でも応募しやすいです。

 

ITエンジニアは未経験OK!勉強しながら給料も貰える!

ITエンジニは未経験Okが多く第二新卒向け

未経験OKの第二新卒を募集している職種としてまず挙げられるのがエンジニアです。

エンジニアは人手不足であるために積極的に未経験者を教育し、一人前のエンジニアに育てようとしている企業が多いです。

プログラミングスクールに通うには安くても10万円程度の費用が必要でしょう。

 

しかし、未経験者を募集している企業であれば研修でプログラミングを学ぶので、お金を払うどころか貰うことができます。

そのため、プログラミングスクールの受講費用が高いためにプログラマーへの転職を諦めてしまった人には特におすすめです。

 

ただ、一切未経験でも研修でプログラミングを教えてくれるのはSIerと呼ばれるエンジニアの派遣会社です。

SIer(エスアイヤー)の場合特定派遣として取引先に派遣されて働くこととなります。

SIer(エスアイヤー)の取引先は官公庁や銀行、保険会社など大企業で昔からあるシステムに関連する仕事が中心で、案件もJavaやVB.netなど古めの言語の案件ばかりで成長するために必要なスキルが身に着きにくいというデメリットもあるので注意が必要です。

 

未経験で入社しやすいベンチャー企業のSIer

エンジニアと言えばリモートワークなど自由な働き方を推進している企業が多いイメージを持っている人も多いでしょう。

基本的にSIerではなく、これを推進しているのは歴史が浅めのベンチャー企業が中心です。

 

しかし、ベンチャー企業は基本的に即戦力を求めており、一切プログラミングの知識が無い状態で応募しても選考に通りません。

ただ、ベンチャー企業では「ポテンシャル採用」と言って、知識はあるけれども実務経験はない人や実務経験が浅い人を募集しています。

そのため、既にSIerでエンジニアとして働いていて他の企業に転職したい人や、プログラミングができるけれども実務経験が無い人はベンチャー企業を目指すことも視野に入れると良いでしょう。

 

第二新卒におすすめホテルスタッフ

もう一つ第二新卒におすすめなのがホテルスタッフです。

ホテルは24時間営業なので、ホテルスタッフの仕事は大変と思われています。

また、ホテルマンの仕事に憧れを持つ人は多く、ホテル業界の仕事に就くには専門学校で専門知識を身に着ける必要があると思っている人も多いでしょう。

 

しかし、ホテル業界は仕事が大変で若いスタッフが辞めてしまうことが多く、未経験者でも目指しやすい職種となっています。

確かに最初のうちは生活リズムが崩れてしまうなど大変な面が大きいですが、経験を積んでマネージャーになることができれば生活が安定するうえに、同世代の平均よりも高い金額を稼げる可能性が高いです。

また、ホテルで働いていると外国人観光客の接客をする機会も多いでしょう。

海外でもホテルスタッフの需要が高いことから、仕事で語学に関する知識を身に着ければ海外移住のチャンスもあります。

 

第二新卒の面接対策

第二新卒の面接対策

第二新卒の面接は就活の時と違ってマイナスなことを聞かれることが多いです。

そのため、就活の時の面接とは全然違うことを理解し、しっかりと第二新卒として面接を受けるにあたって対策を入念に行ったうえで面接に臨むべきでしょう。

 

第二新卒の面接で大切なのは「どうして転職したいか」

第二新卒に聞かれることが多い質問が「どうして転職したいのか」です。

仕事は3年やってみないと自分に合っているかどうかがわからないと良く言われます。

それに対して第二新卒は就職して3年以内に転職しようと思っているため、人事採用者は「考えが甘い」「すぐに辞められてしまう可能性がある」と考える人が多いです。

実際に第二新卒として入社する人の中には社会人としての意識が低い人も多く、人事担当者を説得できるような答えを準備しておく必要があるでしょう。

 

企業側に圧倒的に非がある場合は正直に

面接の際に企業側に対してマイナスなイメージを持たれるようなことは言わない方が良いと良く言われます。

しかし、パワハラやセクハラ、残業代が一切支給されないなど労働環境が悪くて転職を希望するのであれば正直に話した方が良いです。

しかし、具体的なエピソードを話さない限り人事担当者が納得してくれる可能性が低いため、あまり話したくないのであれば他の理由を考えた方が良いでしょう。

 

それ以外の場合は前の会社・仕事がどうして自分に合っていなかったのかを伝えるだけでなく、どんな分析をした結果、応募先の会社を選んだのかということを説明しましょう。

これがしっかりできないと、前と同じようにすぐ会社を辞めると判断されてしまいます。そのため、面接を受ける前に一度自己分析をして自分を見つめ直したうえで面接に取り組みましょう。

 

第二新卒は転職エージェントを使うのがおすすめ

第二新卒の転職はエージェントを使おう

就活の際は自分で自分に合いそうな企業を探して直接企業に応募をする人が多いでしょう。

第二新卒に限らず転職をする場合は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントではキャリアアドバイザーとカウンセリングをして、その結果をもとに自分に合った求人を提案してくれます。

そのため、長く働けてしっかりとキャリアを形成できる企業を探しやすいです。

 

それに、転職エージェントでは応募書類の添削や面接対策もしてくれます。

特に面接対策は自分でシミュレーションをしても実際の面接とシミュレーションした内容が全然違って準備が無駄になってしまうこともあるでしょう。

キャリアアドバイザーは第二新卒に聞かれやすい質問の傾向を把握したうえで模擬面接をしてくれるので安心です。

 

面接や入社日の日程調整などといった面倒なことも転職エージェント側が行ってくれることから、転職活動をするうえでの手間も減らすことができます。

仕事をしていると時間が遅くなって応募先の企業になかなか電話をかけられないということもあるでしょう。

転職エージェントならそんな心配も必要ありません。

-第二新卒
-, , , , , ,

Copyright© いい就職の口コミ評判調査隊! , 2019 All Rights Reserved.